ギャラリー宏介について

代表メッセージ

絵画が変わることで、コミュニティが生まれる

サラリーマン時代、全くの絵画の素人だった私が病院や事業所などに飾られている絵を見て不自然に想っていたことがありました。

それは一度飾った絵は、「同じ場所にずーと飾りっぱなし」だと感じていました。

立派な絵も飾りっぱなしだと飽きてしまい、いつの日か風景化してしまいます。

そこで、絵画が変われば、人の気持ちが変わったり、四季の変化を感じたりして、「人とのコミュニティが生まれるのではないか」と考え、絵画レンタルを主軸に起業しました。

2012年に絵届け問屋「kousuke」で起業し、福岡県を中心に絵画レンタルで絵を飾らせて頂いています。現在は郵送を使用したレンタルも行っており、全国に広がってきました。

障がいのある弟と共に生きる

私が起業を決意したのは、2002年の福岡市美術館で開催された「ナイーブな絵画展」の時です。当時、私は28歳でサラリーマンでした。

私の弟である太田宏介は、知的障害を伴う自閉症です。10歳の時から絵を描き始め、指導者に恵まれ、両親が毎年個展を開催していました。

「ナイーブな絵画展」は、ルソー・ピカソ・山下清など世界の癒し系画家の70%の作品を集めた、大規模な絵画展でした。その絵画展で太田宏介の作品が、福岡県の新進作家として2点飾られました。

その2点の横は、草間彌生さんの作品でした。当時、まったく絵に興味がなかった私ですが、草間彌生さんの前には、長蛇の列が出来ていました。その隣にある太田宏介の作品も、「可愛い」「色使いがいい」などの声があがり、それを聞いた私は、「弟は将来、画家になる」と確信しました。

私は、太田宏介の作品で起業を考えました。ただ、絵の知識も財力もなかったので、サラリーマンをしながら、絵の勉強と貯金をし、その間に結婚をし、37歳で脱サラ・開業をしました。

太田宏介の絵画を通じて皆さんに元気を伝えたい

かつてサラリーマンをしていた私は、パチンコ店に務め店長を任されていました。売上額が大きいため、責任も重大。たくさんの社員・パート、そしてお客様との人間関係に揉まれ、大きなプレッシャーを感じながら日々働いていました。

そんな中、たまに実家に帰ると、弟の絵がたくさん飾ってあり、見ていると、自然と涙が出てきました。弟は自由にのびのびと絵を描き、その中に温かさを感じて、「また、頑張ろう」と思える私がいました。

太田宏介の作品は色彩豊かで、固定概念にとらわれない彼のスタイルは、絵を通じて元気や勇気をお伝え出来ると確信しています。

ギャラリー宏介株式会社
代表 太田信介

代表者経歴

代表画像

太田信介

昭和49年8月 福岡県太宰府市生まれ

学歴

平成9年3月 熊本学園大学卒業

職歴・沿革
平成9年4月株式会社ユーコー入社
平成24年3月同社退社
平成24年5月絵届け問屋「kousuke」開業
平成24年10月一般社団法人中小企業家同友会博多支部入会
令和2年11月太宰府市に「ギャラリーkousuke」をオープン
令和3年11月福岡天神大丸に「太田宏介カフェギャラリー」をオープン
令和4年1月ギャラリー宏介株式会社設立

経営理念

お客様に絵画を通じて、幸せな時間と空間をご提供します。

私たちは、障がいに関わるすべての方に、元気と勇気をお伝えする使命と責任があります。

会社概要

会社名ギャラリー宏介株式会社
代表太田 信介
業務案内美術絵画販売・絵画レンタル業務
所在地〒818-0136 福岡県太宰府市長浦台4-8-16
電話番号092-410-3850
FAX番号092-410-3850

アクセスマップ

ショッピングガイド

shipping-icon

SHIPPING お届けについて

絵画レンタル
状況に応じて郵送または配送にて対応します。
初回は送料無料。
絵画の搬入日時は、初回・交換共にご契約者からのお支払い確認後10日以内に、ご契約時にご指定頂いた送付先に搬入されます。
return-icon

RETURN 返品・解約について

不良品
商品到着後、お届けの商品に欠陥等不備があった場合は速やかにご連絡ください。商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承ください。
返品期限
商品到着後速やかにご連絡ください。
返品送料
返品・交換は原則としてお受けできません。但し、お届けの商品に、欠陥等不備があった場合はこの限りではありません。
このような場合、ギャラリー宏介にてご利用料金と送料を負担いたします。
payment-icon

PAYMENT お支払いについて

クレジット
VISA、MASTER、Dinersがご利用いただけます。
銀行振込
指定の口座へお振込みいただきます。